業務内容

  • 旅客部門
  • 運送部門
  • 運航部門
  • 貨物部門
  • 営業部門

 旅客部門では国内線と国際線の旅客サービス業務を担当し、主にチェックインカウンター業務・搭乗ゲート業務・到着業務に分かれます。
 チェックインカウンターでは、搭乗手続・航空券販売・手荷物の受託などを行い、搭乗ゲートでは、航空機が定時に出発できるようお客様を安全かつ速やかにご案内。到着時には、お客様が気持ちよく旅を締めくくれるようお出迎えするとともに、お預かりしたお手荷物の返却作業を行います。
 お客様の多種多様なニーズに的確に対応すべく、常にお客様目線で業務にあたり、また、お客様に気持ちよく航空機をご利用いただけるよう、最高の笑顔で接することを心がけています。

お客様からの「ありがとう」をやりがいに。

 中学生の頃、初めて飛行機を利用した際、不安で一杯だった私に空港で働く係員の方がとても気さくに話しかけてくださり、気持ちがすごく楽になりました。そして、私もこんな仕事をしたいと考えるようになりました。

 この仕事でやりがいを感じる瞬間は、お客様から「ありがとう」のお言葉をいただいた時です。チェックイン時に応対させていただいたお客様から、搭乗口で再度お会いした際に「また、会ったね。ありがとう。」と私のことを覚えていてくださり、声をかけて下さるときはとてもうれしい気持ちになります。

 反面、飛行機が遅れたり欠航になった時など、他の便へ振り替える手続き待ちをされるお客様の列ができ、カウンターがバタバタしてしまうときなどは、お客様に対し申し訳ない気持ちでいっぱいになります。しかし、こういう時こそお客様のご希望されていることは何か、お話しをしっかりとお聞きするよう心掛けています。

 職場には優しい先輩が多く、分からない事や不安な事があってもすぐにフォローして下さるので、とてもこころ強いです。

ANA空港部ANA空港課 旅客担当
石墨 恵実 Megumi Ishizumi
(2012年入社)

安全と定時性の両立を目指して。

 航空業界は全く未知の世界でしたので「本当に自分にできるのか?」という不安がありました。特に専門用語は独特なものが多く、最初は何が書いてあるのかさえわからないような状態でしたが、少しづつ知識も増え、仕事にも慣れてくるうちに「空港で働きたい!」という思いが強くなり、この仕事をやっていこうと決心しました。今でも日々勉強ですが、充実した毎日を送っています。

 普段から心がけているのは、ごく当たり前のことですが、責任を持って自分の体調管理を行うということ。限られた人員でシフトが組まれているので、突然休んでしまうと他のスタッフに迷惑をかけてしまいますし、体調が悪いまま仕事をすると判断力が低下し、ミスへつながる可能性も大きくなってしまいます。

 一番やりがいを感じるのは、定刻で出発する飛行機を見送る時でしょうか。フライトに関わる全ての人々がそれぞれの職務を全うし、安全と定時性を両立できた瞬間、大きな達成感を得ることができます。

 職場は女性が多く、常に明るい雰囲気です。もちろん厳しくご指導いただくこともありますが、先輩社員の方からたくさん話しかけていただけるので、男性でも職場に溶け込みやすい環境だと思います。

JAL空港部JAL空港課 旅客担当
平野 広 Hiroki Hirano
(2012年入社)